• irodori_monogatari_staff

風情溢れる佇まい

青いもみじが紅葉こうようを待つ、涼しい風が吹き始めた秋の頃。

埼玉県郊外の住宅街にあるというお宅からご相談をいただきました。

「築23年になる家の壁にできたヒビが気になる。築年数的にも、そろそろ塗りなおしたい」とのこと。

現地調査へ伺うと、そこには料亭のような風情溢れる佇まいのお宅が。

塀に囲まれた広いお庭にはたくさんの木が植えられ、その緑の奥に立派な瓦屋根の日本家屋が見えます。

さっそく確認すると、土壁調になっている外壁には問題のヒビが見られました。また上下階を分けるこげ茶色のラインは、雨や日に照らされ色褪せてしまっています。




ですが、建物全体の外壁は左官屋さんが良い仕事をしてくださっていたようで、とてもよい状態でした。




なので、せっかくの土壁調の外壁を塗装でつぶさないような塗料で塗装することに。通常の塗料では壁面の凹凸が埋まってしまいますが、今回のお宅のような土壁調の外壁塗装にはピッタリです!

作業に入ると、まず全体を高圧洗浄機で水洗いして汚れを落とします。次に何ヵ所かに入っていたヒビを、充填剤を使って綺麗に埋め、それからいよいよ塗装に入ります。

外壁の色は、枇杷のように少し赤味のある薄い茶色で塗装し、上下階を分けるラインはアクセントになるよう、より深いダークブラウンに。雨どいやエアコンホースなども同じ色に塗装したことで、瓦屋根の日本家屋にふさわしい落ち着いた配色になりました。

これで作業すべてが完了です。土壁調の素材を失わせることなく、新築の頃のような姿がよみがえりました。築23年という年数は新たに塗装するには頃合いでしたので、よいタイミングでご縁があったことを嬉しく思います。

施工が終わった頃には青かったもみじが赤く紅葉し、見ごろを迎えていました。

新しくなったお宅に映えて、ひときわ美しく見えますね。




ご相談・ご依頼は下記よりお問い合わせください。

  • Facebook
  • Instagram
  • hikari%2520white_edited_edited
rogo_irodori_edited.png

© 2019, HikariToso Co.Ltd. All rights reserved