• irodori_monogatari_staff

想いをカタチに。


日本で生活している私たちには、ペイントはまだまだ遠い存在のようですが、海外で生活をしているとペイントが身近に感じられるようです。



After こだわり抜いた手すりの色と青の壁

施主さまよりご連絡をいただいたのは12月初旬。


国内のご自宅の内装を帰国される3月末までに塗り替えたいとのご相談でした。


仕事で海外にお住まいの施主様。アメリカの家やホテルのペイントを見て、ご自宅も塗装を施したいと思ったそうです。










一緒に添付されていた資料には通常なら現場調査に伺った後こちらで計算する壁面の数量や目的に応じた塗料が選択されておりすごい知識に驚かされました。



メールでのやり取りの中で、施主様のご要望を伺い最善の塗料と工法を選択し施工させていただきました。



天井にはアレスシックイという漆喰の優しい塗料。

壁にはPIX’sという水性塗料で塩ビクロスなどの上からでも塗れる塗料。

2階のリビングには上品なブルー、2か所あるトイレにはそれぞれ薄いグレーと濃いグレーのアクセントウォール。手すりには、鉄骨などに使用するフェロドールという塗料をあえて使用し、重厚な金属感を再現。






塗り分けの等の打ち合わせは、テレビ電話で確認をして、無事作業を終えることができました。

お客様からは、「店舗のように美しい仕上がりとなり嬉しい限りです。家族も、壁や手摺など、ペイントで見違えるようになったと言っております。やりたいと思っていたことが形になりまして、有難い限りです。」

と、うれしいお言葉もいただき、塗装屋冥利に尽きる楽しい現場でした。


壁はもとは塩ビクロスだったので、PXI'sというニオイが少なく、抗菌・防カビ性にも優れている艶消しタイプの塗料が提案された。

既製品で出来ている手すりは、フェロドールという、本来は橋げたに塗るような錆止め塗料をあえて使用することで、金属感が出る塗装に仕上げるらしい。


施工中もテレビ電話などで連絡をとりつつ工事を進めてもらい、ついに米国から我が家へ帰る日がきた。

「おお、高級なホテルみたいだ。」

 リビング越しにみえるきれいなブルーの壁がいいアクセントをついていて、1階と3階のトイレと階段には違ったグレーを用いられていて、灰色の手すりは鈍い光沢を放っていて重みがある風合いをしていた。家のどこを見ても本当にセンスの良い空間に仕上がっている。

 ホテルのような高級感もありつつ、海外のおしゃれな家のような馴染みやすさもある。1カ月の工事で我が家の印象はすっかり一新していた。

「ここが今日からの『我が家』だ。」

いつか外壁の塗装が必要になったら、またひかり塗装さんに頼もう。そう思いながら私はベッドで目を閉じた。

担当者のコメント

かなり熱心に調べていらっしゃたお客様で、プロ顔負けの知識で内容を検討しておりました。ご満足いただける工事となって私どもも嬉しいです。

長くて短い時間でしたがお客様と共に考えた時間はとてもたのしいひと時でした。

また機会がございましたらご相談頂くことを心からお待ちしております。

ご相談・ご依頼は下記よりお問い合わせください。

  • Facebook
  • Instagram
  • hikari%2520white_edited_edited
rogo_irodori_edited.png

© 2019, HikariToso Co.Ltd. All rights reserved